エポカドーロの2冠に期待 藤森厩務員「オレと誕生日が一緒。還暦迎えたばかりで…」

競馬ニュース

 混戦ムード漂う皐月賞を2馬身差で快勝したエポカドーロ(牡3=藤原英、父オルフェーヴル)は16日、午前1時半に栗東に帰厩。一夜明けたこの日は馬房で静養した。

藤森厩務員は「相変わらずヤンチャだけど今朝はだいぶ落ち着きがある。1週前に追い切って状態がグッと良くなったし、やってくれるだろうと期待はしていたけど本当に勝てるとはね。よく頑張ってくれた」と力走をねぎらう。「オレと誕生日が一緒で2月15日生まれ。還暦を迎えたばかりで、まさかこんなことがあるなんて…」と自身のG1初制覇に感慨深い表情。

次走は日本ダービー(5月27日、東京芝2400メートル)へ。「この馬はセンスがいい。ゴーサインが出るまでじっと我慢して、出たらスッとハミをとって動いていける。オルフェーヴルの子だし、距離はこなしてくれると思うよ」と2冠制覇への期待を口にしていた。

引用:スポニチAnex