【皐月賞】エポカドーロが1冠制す!父オルフェーヴルと同舞台でG1初制覇

 牡馬クラシック3冠ロード第1弾「第78回皐月賞」(G1、芝2000メートル)が15日、中山競馬11Rで行われ、戸崎圭太騎手騎乗のエポカドーロ(牡3=藤原英厩舎)が優勝。伝統の競走でG1初勝利を挙げた。

ハイペースで逃げた3頭から離された4番手集団で競馬を進めたエポカドーロ。直線では馬場の中央を鋭く伸び、先に抜け出したジェネレーレウーノをとらえて、一気に抜け出した。2馬身差の2着にはサンリヴァル、さらに1馬身3/4差の3着にはジェネラーレウーノが入った。勝ちタイムは2分0秒8(やや重)。ビートたけしの命名馬で、話題を集めたキタノコマンドールは5着だった。

勝ったエポカドーロは、父オルフェーヴル、母ダイワパッションという血統。デビュー2戦目で初勝利を挙げると、続くあすなろ賞も圧勝し連勝。前走のスプリングSでも2着と好走し、本番に駒を進めていた。父と同じ舞台でのG1初勝利となった。通算戦績は5戦3勝。

鞍上の戸崎は中央G1通算7勝目で今年は初勝利。管理する藤原英師は中央G1通算9勝目で今年は初勝利。

3歳牡馬3冠は同レースに加え、日本ダービー(5月27日)、菊花賞(10月21日)の3競走。かつて牡馬3冠を達成したのはセントライト、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルの7頭のみ。エポカドーロが1冠目を制し、史上8頭目となる偉業への挑戦権を得た。

なお、無敗の2歳王者で大本命と目されていたダノンプレミアムが右前挫石のため回避し、00年フサイチゼノン以来18年ぶりに弥生賞優勝馬が不在の皐月賞となった。同馬は日本ダービーに向け調整されている。

引用:Yahooニュース

オススメ記事