引退間近の林がアップトゥデイトで打倒王者に燃える!乾坤一擲で王者返り咲きだ

 障害2000回騎乗まで、あと“7”。記録到達後に現役引退を表明している林満明騎手(51)=栗東・フリー=が、主戦を務めるアップトゥデイトで中山グランドJに挑む。

打倒オジュウチョウサンへ-。ベテランが燃えている。昨年暮れの中山大障害では激闘の末、絶対王者の末脚に屈して2着。「オジュウは強い。力は出し切った。生まれた時代が悪かった」と完敗を認めるが、まだ白旗は上げていない。6度目の対決となる今回は、逆転Vを狙っている。

秘策はあるのか?聞けば「今年、石神(オジュウチョウサンの主戦)はまだ勝っていないんだ。レース前にそこを突いて、精神的に追い込もうかな(笑)」とおどけたが、自身は今季12戦5勝と絶好調だ。パートナーも「絶好調。阪神SJを叩いて、順当に良くなっているよ。使った分のアドバンテージを生かせれば」と、休み明けで臨む王者の間隙を突く構えだ。

自身の障害200勝まで、あと“6”。「さすがに“7戦6勝”は無理」と笑ったが、「最後まで精いっぱい頑張りたい。障害レースを盛り上げていかないとね」と全力プレーを誓う。上半期の大一番。乾坤一擲(けんこんいってき)の勝負に出て、再び王者に返り咲く。(デイリースポーツ・松浦孝司)

引用:netkeiba.com

オススメ記事