【皐月賞】ワグネリアン着実に成長 ダービーで2歳王者打倒へV譲れない

 宿敵の回避により、一気に混迷を増した牡馬クラシック第1冠。ワグネリアンが堂々、主役の座を狙う。

昨年は東スポ杯2歳Sを制し、デビューから3連勝。そんな優等生に初めて土が付いたのが前走の弥生賞。ダノンプレミアムとの無敗馬対決に敗れた。

しかし、陣営に悲観の色はない。友道師は「前日に風が強くて馬房で落ち着かず、カイバを食べなかった。東京では食べているから、風が影響したと思う」と分析。「中山を1度経験したことは生かされる。ジュンヴァルロと一緒なのも心強い」と厩舎2頭出しのメリットも強調した。福永も「前走の内容が一番良かった」と胸を張る。「以前はハミに頼っていたけど、うまく抜けて体を使って動けていた。さすがだな、と思いました」。着実に進化を遂げている。

前走後は馬の精神面を主眼に調整してきた。主戦は1週前リハに手応えをつかむ。「あの時(東スポ杯2歳S時の追い切り)は良くない掛かり方をしていたけど、今回は馬場入りの一歩目から違った。前回は相当イレ込んでいたが、今は落ち着いている。スタッフのやってきたことの成果」と力強くうなずく。2歳王者との再戦はダービーまでしばしお預けに。G1馬として迎え撃つためにも、ここは譲れない。

引用:net.keiba.com

オススメ記事