【オークス】リリーノーブルが逆襲!2強ムードに待った 折り合い面も着実に改善

「オークス・G1」(20日、東京)

例年、桜花賞組が好成績を収める一戦。18年はど派手な末脚で1冠目を手にしたアーモンドアイと、2着に入った最優秀2歳牝馬のラッキーライラックによる2強ムードが漂う。ただ、ほかにも侮れない馬は多い。条件変わりで逆転を狙うのが3着リリーノーブル、4着トーセンブレス、5着マウレアの桜花賞上位組。樫の女王の座へ、着々と逆転のシナリオを描いている。

桜花賞3着のリリーノーブルが、逆転への準備を着々と整えてきた。前走は着順こそ前哨戦のチューリップ賞と同じだったが、当時2馬身以上つけられていたラッキーライラックとの差は半馬身まで詰まった。決して届かない距離ではない。

この中間も調整は順調そのもの。15日朝は角馬場から栗東坂路でキャンター。16日の最終リハに備え、しっかりと体をほぐした。騎乗した仲田助手も「いいですね。すごく落ち着いています」と好感触をつかんでいる。(続きはリンク先で)

引用:デイリースポーツ

オススメ記事

ネタをもっと探す