桜花賞組VSフローラS組、注目はあの馬/オークス展望

 いくつかの前哨戦に有力馬が分散する牡馬に対して、牝馬の場合は、阪神JFからチューリップ賞、桜花賞という阪神芝1600mでの3連戦に集中する傾向が強い。だが、近年はクイーンCやきさらぎ賞など別路線組の存在感が増していて、今年はシンザン記念からの休み明けでアーモンドアイが桜花賞を制覇した。この別路線組の台頭は、桜花賞だけでなくオークスでも例外ではない。(続きはリンク先で)

引用:netkeiba.com

オススメ記事