【ヴィクトリアM】ソウルスターリング、落ち着いた脚取り

 年明け初戦のサンスポ杯阪神牝馬Sで10着に敗れたソウルスターリング。追い切り翌日の10日は、厩舎周りの運動で体をほぐした。「馬場が悪かったので。テンションもそれほど変わらない」と津曲助手。運動場だけでなく、1周ごとに厩舎の敷地内を通るなどしながら、落ち着いた脚取りが印象的だ。いつものパターンで土曜朝に東京競馬場入りし、しっかりと精神面を整えていく。

 ルメール騎手も「自信はある。リラックスできたら、最後はいい脚を使える。結構速いペースの方がいい」と巻き返しに意欲十分。自分との戦いに勝ったとき、マイル女王の座が見えてくる。

引用:サンスポZBAT!

 

オススメ記事